つれづれ呑々ブログ

感興のおもむくままに記しておりまする

スポンサーサイト 

スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  trackback: -- | comment: -- | edit

蔵王巡開湯1900年記念! 

おでかけ@旅行 |

8月14日・15日のコト
今年は蔵王巡開湯1900年の記念年!
『日本三景・松島&芭蕉ゆかりの地・山寺&蔵王のお釜』
泉質抜群!乳白色の名湯・蔵王温泉
バスツアーに行ってきました(*^_^*)/

椎間板ヘルニアのあたしには“罰ゲーム”のバス旅行も3回目
こちらも、毎年恒例になりつつあります

さて

1日目のメインは『蔵王のお釜』
お釜と言っても、おすぎでもピーコでもないよ(*^_^*)b

蔵王の火山湖 エメラルドグリーンがきれいだとか…
今回いちばん楽しみにしていた場所

しかし

エコーラインを上って行くとだんだん霧が出てきて
お釜に到着した頃には、霧で何も見えない
罰ゲーム旅行 (2)
※実際は、もっと見えませんでした

おまけに、風が強くて息が出来ない
でも涼しくて気持ちよかった ←負け惜しみ

実は、見られる確率30%だったらしいです ←聞いてねぇよ

そんな訳で、散策も出来ずヒマなので
やけ食いの『蔵王チーズケーキ』200円也
罰ゲーム旅行 (3)
ちっちゃいけど濃厚で美味しかったo(*^_^*)o

ついでに、名物の『玉こんにゃく』も食べたかったんだけど
買いそびれてガッカリ…
すると、次の休憩場所でおやつに配られたので大喜び

そんなこんなで、1日目終了

ホテルに入り 『泉質抜群!乳白色の名湯・蔵王温泉』 に浸かった後は
お楽しみの夕食
罰ゲーム旅行 (4)
ズワイガニ・牛しゃぶ・芋煮の食べ放題(60分)
ひたすら牛しゃぶを食べる、あたしなのでした(*^_^*)v


*** *** ***


2日目は芭蕉さんゆかりの『山寺』から
罰ゲーム旅行 (5)
雨の中、芭蕉さんがお出迎え

この日は朝から雨降り…
山寺に着くと、待ってましたとばかりゲリラ級の雨となりました
こんなこともあろうかと、折りたたみ傘を持参するも
バスから降りると、すぐにビショビショ・・・
めげずに山寺 立石寺の石段を登りはじめるもなかなか雨は止まず
雨と汗でもうぐちゃぐちゃになりながら、『せみ塚』でギブアップ
罰ゲーム旅行 (6)
※閑さや岩にしみ入る蝉の声   芭蕉

確かに蝉は鳴いていたけど、雨の音がうるさくて浸れません

転ばないように気をつけながら、石段を下りて来て
重要文化財の『根本中堂』と『日枝神社』をお参りして御朱印を
いただきました
罰ゲーム旅行 (7)
なんとこの頃には、雨が止んじゃいました もぉ~


その後、日本三景の松島へ移動して自由行動
罰ゲーム旅行 (8)
オプションで遊覧船に乗り、この景色…

その後、瑞巌寺をお参り、ここでも御朱印をいただきました

現在、瑞巌寺は 『平成の大修理期間』 の真っ最中なのですが
(~平成30年3月頃迄)
その代わり、国宝の庫裡などが特別公開されていました

瑞巌寺の中に入らなくても、参道の杉並木がとても見事で
そこを歩くだけで、心が洗われる様な気がしました
ただ、その周りには古い墓標などが安置されているためか
なんとなく、写真を撮る気になりませんでした
霊感ないけど何かを感じる… そんな場所
流行のパワースポットなのかも(*^_^*)b

時間があるようでないのがバス旅行?

松島が最後の観光地だったので、せっかく宮城まで来たんだからと
『ずんだもちキティ』と、一ノ蔵の宮城県限定 純米酒『大和伝』を
急いで購入 ←しっかり試飲させてもらいました(*^_^*)v


後は、渋滞覚悟でバスに乗り込み、寝てるだけぇ~
しかし、横浜に着いたのは午後11時
添乗員さん曰く 『今日中に到着したのは奇跡』 だとか…


では最後に、あたしの写真を載せておきます(*^_^*)v
罰ゲーム旅行 (1)
って本当は、走行中のバス車内から激写!した
鳴子のこけしちゃんなのでした

まぁ、渋滞も含めて今年の “罰ゲーム” も無事終了

しかし

ダーさまも 『蔵王のお釜』 を見たかったようでリベンジ計画中
スポンサーサイト
23:35 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

「怪談牡丹燈籠」「真景累ヶ淵」などの原作者として知られる
三遊亭円朝さんの幽霊画コレクションが、東京・谷中の全生庵に
所蔵されていて、毎年8月に虫干しを兼ねて一般公開されています

谷中さんぽ(1)

5年前に新聞記事で知って興味をもち、今年で3回目の訪問
夏の恒例行事になりつつあります

幽霊画と言っても おどろおどろしいものから美人の幽霊まで
いろいろな画を観られるのが魅力

そして

幽霊画展の後の 『谷中さんぽ』 も楽しみのひとつ(*^_^*)b

昨日は 『谷中ぎんざまつり』 の真っ只中で、とっても賑やか
子供神輿や山車の 『わっしょい・わっしょい』 に遭遇して
『暑いのにご苦労さんだねぇ~』 と眺めておりました

酒屋さんでは、生ビールが売られていたので、誘惑にまけ1杯飲んだり
あっちのお店、こっちのお店と覘いたりして、昔懐かしい商店街を満喫

途中、人が並んでいたのでとりあえず、一緒に並んでいたら
蓄電式の懐中電灯をいただいちゃいましたm(__)m

お土産は、やなか珈琲の谷中ブレンドとマミーズのアップルパイ
珈琲豆はその場で焙煎して挽いてくれるので、持ち歩いている間も
珈琲のいい香りがしていました

谷中さんぽ(3)

アップルパイはホールで買うと、カットしてくれるのがうれしい

谷中さんぽ(4)

どちらもおいしくいただきましたo(*^_^*)o



幽霊画展は、はとバスの怪談ツアーにも組み込まれているそうなので
来年は、そちらに参加してみようかなぁ~

全生庵 幽霊画展は8月末まで
20:36 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

クローゼット大掃除 

つれづれなるままに... |

7月の初旬、軽い気持ちではじめたクローゼットの大掃除
これが広がり、家中の大掃除に発展しておりました

最後まで残ったのは、洋服の整理
途中、このまま終わらないんじゃないかと
途方に暮れたこともありましたが…

ほぼ終了いたしました(*^_^*)/

本日、着なくなった ←ほとんどが着れなくなった
洋服を、着払いOKのリサイクル会社に送ったのですが
その数、なんとダンボール箱 7箱

ダンボール箱

その他、今日までの集計
燃やすゴミに出した洋服 ポリ袋 13袋
資源ゴミに出す予定の洋服 ポリ袋 1袋
ブックオフに送った本  5箱
燃やすゴミに出したいろんなもの 数不明

よくもまぁ、不要なものをこれだけ保管していたものだと
自分でも呆れてしまいました

後は、バッグや小物を近所のリサイクルショップに
持って行って、ひとまず終了予定


働いていた頃の洋服の、細い事ったらありませんでした(笑)
しかも、日本製 MADE IN JAPAN

いわゆる専業主婦となった今は、ジーンズとTシャツがあれば
過ごせちゃうので、いつのまにか洋服のほとんどがユニクロ
製品になっておりました


今回の教訓(*^_^*)b

◆季節の衣替えは大事
◆1年以上着ない洋服はリサイクル

いやぁ~ 長かった
22:45 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

漱石さんの俳句

漱石さんの俳句

大高 翔 / 著

価格:1,470円(税込、送料別)




先月から、地区センターで俳句を習っております
新規の教室だったので、初心者対象だと思って気軽に出かけて行ったら
確かに教室は新規でも、あたし以外はかなりの経験者とお見受けしました
どひゃ~って感じ…

月1回の教室なのですが、次回(=13日) には2句提出しなくてはならず
この1ヶ月、図書館でいろいろな俳句の本を借りて読んでおります

この本は、夏目漱石の俳句を女流俳人の著者が厳選して解説!
句ごとに、 『では、わたくしも1句』 って具合に詠んでいます

明治の文豪、夏目漱石の素顔が垣間見える俳句の数々…
俳句を読んでいると漱石さんが、身近に感じられるから不思議
また、翔さんの解説も解りやすくて面白く、俳句もお見事
お気に入りの1冊になりました

著者曰く
『いい俳句は、その存在だけで、空間を満たしてしまうもの』 だそうです

『おかあさんお醤油とって下さいな』 なんてふざけた五七五しか
作った事がなかったあたしは、これから猛勉強しなくてはなりません
22:59 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。