つれづれ呑々ブログ

感興のおもむくままに記しておりまする

スポンサーサイト 

スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  trackback: -- | comment: -- | edit

手場先の甘辛煮・湯豆腐+桜島 

芋焼酎を呑む |



手場先でコラーゲンプリプリのスープを作ろうと思ったのですが
甘辛煮が食べたくなってしまいました
湯豆腐はマロニーちゃんが主役です(笑)

***

今日は桜島を呑みました

スポンサーサイト
23:16 |  trackback: 0 | comment: 4 | edit

まんまるトマト+吉兆宝山 

芋焼酎を呑む |



久しぶりに”街”に出たので最近よく耳にするブルーレイはDVDとどこが違うんだろう?
と 芋焼酎と同じくらい大好きな家電量販店に行ってお勉強してきました

***

CDやDVDが赤色レーザーで記録するのに対してブルーレイは青紫色のレーザーを
利用して記録するのでブルーレイ(Blu-ray)というらしい なるほどぉ~
しかも・・・
ディスクはDVD(4.7GB)と同じサイズで約5枚分のデータ(25GB)が記録可能
すごいねぇ~って いちいち感心してしまいました

***

今日は吉兆宝山を呑みました

23:21 |  trackback: 0 | comment: 2 | edit

月見豆腐+・・・ 

つれづれなるままに... |



ギンナン=茶碗蒸し もっと簡単に月見豆腐
器にお豆腐と卵を入れてレンジでチン♪ めんつゆをかければ出来上がり
ギンナンも忘れずに… ちょっと寂しいので鶏のささ身も入れてみました

***

さて今日は何を呑もうかなぁ~


21:56 |  trackback: 0 | comment: 7 | edit

ギンナンご飯 

つれづれなるままに... |

先日 ボージョレワインを持って実家に行った時
読売新聞夕刊の”こぐれひでこの食エッセイおいしい画帳”で紹介されていた
”ギンナンご飯”がとても美味しそうなので 今度作ってみようという事になり・・・
さっそくギンナンを買ってまたまた実家へ



天竜産 片桐農園の大粒ギンナン


***


レシピによると1合に20粒とある 2合だから40粒投入!
その前に 殻を割らなければいけませんでしたね(笑)
封筒に入れてレンジでチンして割ります
レンジに入れる時間が長いと破裂するので様子をみながらの作業はちょっとドキドキ
ボンという破裂音に驚きながらも 結局10粒29秒がちょうどいい時間でした
その後 うす皮を剥くのが結構大変でしたが 緑色のきれいな粒があらわれました


破裂したりつまみ食いしたりで80粒くらいのギンナンを剥きました
”こぐれさん”は400粒やっつけたらしい・・・


***


苦労の末 完成したのがこちら↓



炊き上がりにシラス干しといりゴマを混ぜ合わせる
いりゴマがなかったのでごま塩を少々・・・
さっそく食べてみるとギンナンのもっちりとシラスの塩味が絶妙でなんともおいしい!
こんなレシピを思いつく”こぐれさん”はさすがですね


***


参考:YOMIURI ONLINE こぐれひでこのおいしい画帳
    http://www.yomiuri.co.jp/gourmet/food/gatyou/

23:51 |  trackback: 0 | comment: 2 | edit

歌舞伎はときどき両親に連れて行ってもらいましたが近年はお声がかかりません
自分でチケットを買ったのは06年6月の三越歌舞伎(女殺し油地獄)が初めてでした
先月 怪談牡丹燈籠を観に行ってから突然の歌舞伎マイブーム到来中(*^_^*)v


***


吉例顔見世大歌舞伎 11/17(土)夜の部公演に行ってきました


◆宮島のだんまり
◆仮名手本忠臣蔵 九段目山科閑居
◆新古演劇十種の内 土 蜘(つちぐも)
◆三人吉三巴白波 大川端庚申塚の場


***


東銀座駅から地上に出る長い々階段を上りきると今日も大勢の人たちが・・・
まずは記念写真を1枚



お弁当と筋書きを買いイヤホンガイドを借りていざ3階席へ
今日は座席を間違えないようにと気合を入れ またまた階段を上ります
座席に着く前にまず目指すは・・・


***


これ!これ!



紅白餅入りうす皮たい焼き
あつあつ・カリカリ・もちもち を食べたくて真っ先に買いに行きました
時間を気にしつつ半分食べてトイレに行って(女子トイレはいつも行列♪)
座席に座り 残りの半分を食べました やっぱりおいしかったわぁ~
食べ終わると同時に開演時間となりました


***


◆宮島のだんまり これとても面白かったです
「だんまり」という歌舞伎の様式美を見せる一幕
暗闇の中で、登場人物たちが宝物を無言で探り合うというもの
歌舞伎の役柄を紹介する役割もかねているそうです
このときの役者さん達の動きが独特で スローモーションの様に見えます
各役柄が勢揃いして美しい絵面の見得を見せるのですが
たくさんの役者さんが出ているので どこを見ていいやら困りました
3階席からは”すっぽんのセリ上り”や”花道の引っ込み”はほとんど見えないので
わかっちゃいてもガッカリ・・・ かなり残念でした


***


◆仮名手本忠臣蔵 九段目山科閑居
忠臣蔵は好きで映画・ドラマは観ていますが歌舞伎で観たのは初めてかも
この一幕は討ち入り目前の重~くせつないお話
名前と顔の一致する俳優さんが多く出演しているのも楽しみのひとつでした


***


ここで幕間30分です
お弁当は【日の出】細工寿司花 1,050円也 ひとくちサイズの手まり寿司
ひとくちにほお張るにはちょいと大きい気がするのですが食べてしまいました
幕間は時間との戦いなので(笑)急いで食べて念願のスパークリングワインを買いに・・・
途中 例のたい焼きには長~い行列が・・・ もう食べたもんねぇ~と素通り(*^_^*)v
その場で飲みながら観察していたらかなりの人気です 販売のお兄さんが電話で
追加のワインを持ってきてと頼んでいました
でもこのスパークリングワインで後にちょっと後悔することが・・・
ひょいと1階席を覗くと お~舞台が近い やっぱり1階席で見たいわぁ~
なんて思っていると 開演5分前の合図が・・・大変だぁ早く戻らなければぁ
階段を上り席につくとまもなく開演 ホント忙しい


***


◆新古演劇十種の内 土 蜘(つちぐも)
日本を魔界に変えようと謀った土蜘の精のお話
蜘蛛の糸をサーッと見事に投げてとても綺麗でした
その糸を”後見さん”がササッ クルクルっと片付けたり 役者さんに絡まっている糸を
見つけるや サッと現れて片付けていく様子もまた見事でした←そんな所ばかり見てる!
ものがたりでは最終的に退治されてしまう土蜘の精ですが 主役がやられてしまっては
芝居にならないので 退治され糸を投げかけている姿で幕切れとなります
とイヤホンガイドの解説・・・ なるほどぉ~


幕間に飲んだスパークリングワインのおかげで開演中にゲップをこらえるのが辛かったぁ~
おいしかったんだけど・・・炭酸は危険だね!
今後 幕間のスパークリングワインは我慢します(誓)


***


◆三人吉三巴白波 大川端庚申塚の場
お嬢吉三の名せりふのところで”大向こう”から「まってました~」といくつも声がかかりました
「あたしも待ってたよ~」と心の中で掛け声を・・・
一場面だけなのであっという間に終わってしまいましたが この配役でもっと観たぁ~いと
思ったのは あたしだけでしょうか?

***

しばらく歌舞伎マイブームは続きそう

12:25 |  trackback: 0 | comment: 2 | edit

風呂吹き大根+桜島 

芋焼酎を呑む |



今日は急に寒くなりました 天気予報あたりです
そんな日は風呂吹き大根と桜島を・・・
そろそろ大根の美味しい季節がやってきますね おでん食べたいなぁ~

***

今日は桜島を開栓しました

23:59 |  trackback: -- | comment: -- | edit


今日はボージョレ・ヌーボー解禁日 祭りだ!祭りだ!
そんな調子で実家に行ったら母がロールキャベツを作ってくれていました
このロールキャベツが旨いんです(*^_^*)v


***


ところで 冷静に考えてみると・・・
ボージョレ・ヌーボーは解禁日まで誰も味見ができないんだから
本当はとても恐ろしい飲み物なんですよね(笑)


***


そんなこと言っても 気になるのは箱根小桶園ユネッサンの
ボージョレ・ヌーボー風呂 来年は行ってみようかなぁ~

23:59 |  trackback: 0 | comment: 2 | edit



シンプルなおかずの日は焼酎も庶民派で・・・っていうかおやじの晩酌のようだね(笑)
なんだかんだ言っても やっぱり芋焼酎は黒麹が好きだなぁ~


***


仕事の休憩時間に店のそばにある自販機でコーヒーを買ったら
な・な・なんと 野菜ジュースが出てきました(泣)
しかも夜なのに「朝の健康果汁」って・・・ とほほ

23:39 |  trackback: 0 | comment: 2 | edit


杉浦日向子著 隠居の日向ぼっこ を読んでいたら日本酒が飲みたくなり・・・・・・
"たたみいわし"はないので "チンゲン菜のオイスターソース炒め"と"うの花"をつまみに
さっそく一杯

うーん ちょうどいい幸せ♪

19:45 |  trackback: -- | comment: -- | edit

なすの味噌炒め+長雲 

焼酎を呑む |


なすの味噌炒め いつもはピーマンを入れたりするんだけど冷蔵庫になかったので
正真正銘 なすと味噌だけで作りました(+お砂糖・ごま油少々)
見た目は悪いけど味は絶品なのだ

***

長雲30度はちょっとキツイのでロックにお水を少し入れました

23:38 |  trackback: -- | comment: -- | edit

ここ数年、我が家の恒例行事になっている
「やまなしの新酒ワインまつりin日比谷」に今年も行ってきました


なんと今年は入場前から混んでいて 入るのに30分近くも並びました
こんな事は初めてだったので ただただ驚き!
入場料¥700-を払い ワイングラスとワインリストをもらって
いざ試飲会場へ・・・
当然 試飲も行列 そこまでして飲みたいんです(笑)
今年は35社67品が出展されていました

***

さっそくお気に入りのワイナリーから巡り 試飲・試飲
その中から 会場で飲む1本を選んで購入し前半戦終了
公園内にビニールシートを広げ 落ち着いて味わいました

***

お腹も満たされた後は後半戦!
まだチェックしていないワインを試飲・試飲
もう満足!と思ったら 午後3時そろそろ終了のお時間
後ろ髪を引かれつつも会場を後にする父娘でありました

***

お気に入りのワイン アジロンダック
(大泉葡萄酒株式会社 製造)


アジロンダックは葡萄の品種名です
粒がこぼれやすいので次第に製造されなくなり、いつしか幻の葡萄と
呼ばれるようになったとか・・・
この葡萄の甘い香りがなんともいいんです

***

当日 会場で購入して飲んだワイン クラノオト-無濾過-
(フジッコワイナリー株式会社 製造)


本来 ワイナリーで醸造家しか楽しむ事の出来なかった味わいとのコト
飲むと微炭酸がシュワッと心地よいワインでした
瓶の作りがおしゃれです

***

やぁ~なかなかモトは取れないねぇ~と言いながら帰宅すると
当日はお留守番だった母がチェックの付いたワインリストを見て
「あなた達は十分取ってます!」と呆れ顔・・・
まぁ~ 愛娘と一緒に出掛けたんだから 父はモトとってますね(笑)

21:00 |  trackback: -- | comment: -- | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。